金融系節約術

家計簿はクレジットカード×マネーフォワードアプリで劇的に簡単になる!キャッシュレス化が節約のカギ!

節約術指南のカワムーラです。

家計の節約で最も重要な要素の一つとして「家計簿をつける」という作業があります。

これは、事業で言うところの「会計」にあたる作業で、これをなしに節約は語れないほど重要になってきます。

家計の固定費・変動費が月にいくらくらいかかっていて、前月のデータをもとにどの項目を効率よく削減できるかを検討する、いわば「家計のデータベース」を構築する作業になります。

本記事では、キャッシュレス社会になりつつある日本の現状を踏まえて

クレジットカードとアプリを使って簡単に節約できる家計簿のつけ方を解説していきます。

本記事の要点はコチラです。

  • 支払いをキャッシュレス化するとデータが取れるため家計簿を自動化出来る
  • 家計簿アプリと組み合わせると総資産とお金の流れが明確になる
  • 支払いに使うクレジットカード払いはポイント還元率が良いものを選ぶ

もくじ

家計簿でよくある失敗理由

おそらく家計簿をつけ始めた方は、何度か挫折経験があることでしょう。

私も何度挫折したかわかりません。

①集計が面倒になる

続かない理由として一番多いのが「集計がめんどくさい」という点に尽きると思いますw。

ほかにもこんな理由が考えられます。

家計簿が続かない理由

  • レシートをもらい忘れた
  • レシートを無くした
  • レシートの集計が面倒になった
  • レシートを集計している時間がない
  • カードの支払いが遅れてくるためリアルタイムに反映できない
  • 記帳する暇がないため銀行引き落としの項目がわからない

あてはまる人が多いのではないでしょうか。

②「レシートを反映させる」作業から逃れられない

クレジットカードの請求や、銀行からの自動引き落としは置いておいたとしても

現金で決済をしている以上、レシートを何かしらのメディアに反映させる手間というのは必ず生じてしまいます。

  • 紙ベースの家計簿に「書き写す」
  • 家計簿アプリに「打ち込む」
  • パソコンのエクセルに「打ち込む」

レシートをちゃんと受け取って紛失せずに自宅へ持ち帰り、毎日レシートとにらめっこしてひと手間かけてデータを集積するという作業は非常に面倒です。

③「レシート」がないと何もわからなくなる

最近ではコンビニでもしっかりとレシートを渡す店舗が多くなってきているように思います。

しかし、急いで缶コーヒーを買った場合や自動販売機でジュースを買った場合、買ったものの「証明書」であるレシートを受け取ることができません。

こういうところで、家計簿の取りこぼしが生じてしまうのでしょう。

④クレジットカード/口座引き落としが把握しにくい

「現金が財布から減っていけば手元にいくらあって、あといくら使えるかわかる」

と思うのは自然なことでしょう。

問題は銀行の口座から直接お金が引き落とされるときです。

財布の中身は把握できていても、銀行の口座にいくら残っているかを逐一把握できてる人は多くないでしょう。

電気ガス水道代金や通信費等は多くの方がクレジットカード/口座引き落としを利用していることでしょう。

これらは財布から消えていくわけではないので、把握がしにくく、家計簿に反映させるのが難しいと考えているかたが多いように思います。

食費は節約できても、それ以外が全く節約できていないという方はきっとこのように

目に見えない変動費が把握できていないのではないでしょうか。

家計簿は「お金の流れを把握」することが重要

家計簿で最も重要なのはお金の流れを把握することです。

順を追ってみていきます。

家計簿の計算項目

家計によって家計簿のつけ方はそれぞれあると思います

わが家の場合、下記の大項目および中項目に分類しています。

家計の主な支出項目

食費

  • 食料品
  • 外食

日用品

  • 日用品
  • 子育て用品
  • ドラッグストア
  • その他日用品

趣味・娯楽

  • その他趣味・娯楽

衣服・美容

  • 美容院
  • 衣服

自動車

  • 車検
  • 任意保険
  • ガソリン

教養・教育

特別な支出 

現金・カード

  • ATM引き出し
  • カード引き落とし

水道・光熱費

  • 電気代
  • ガス・灯油代
  • 水道代
  • 通信費 合計
  • 月額会費
  • 携帯電話

住宅

  • 家賃・地代
  • ローン返済

税・社会保障

  • 奨学金返済

保険

  • 生命保険

お気づきのように、あまり細分化はしていません。

流れをつかむにはあえて細分化しない

多くの主婦が気になる「食費」等の項目はあえて細分化していません。

ここの中身を「納豆○○円」「牛乳○○円」という風に計算してみて

「あっ!今月牛乳買い過ぎたわ!」

「こんなに高い牛乳を買ってしまったわ!」

という風に、極限まで家計簿を追い詰めていくと、いずれ嫌になります。

その月に何を買ったか、という部分についてははじめのうちは細分化しない方が長く続きます。

そこを細分化して追い込むよりも、常にそのものの「相場感覚」をつかんで買い物ができるようになるほうが重要です。

お金の流れを把握するためにクレジットカードを使う

以上、述べてきたようにお金の流れを把握できなくする要素として

  1. レシートを使った集計作業が煩雑
  2. 口座引き落としによる目に見えない出費

の2つがあることが分かりました。

この2つの要素をすべて解決してくれるのが「できる限りの支払いをクレジットカード等を使ってキャッシュレス化する」という方法です。

家計のすべてをキャッシュレス化するメリット

家計のすべてをキャッシュレス化するメリットとしては

  1. レシートの集計・打ち込み作業がなくなる
  2. 総資産の把握と管理が容易になる
  3. キャッシュレス決済で最大5%のポイント還元が受けられる

という3点があげられます。

①レシートの集計・打ち込み作業がなくなる

現金で購入するときは

  1. 銀行からお金をおろして財布に入れる
  2. 財布から現金で支払う
  3. レシートをもらう
  4. レシートをもとに家計簿/アプリに入力する

という一連の作業があります。

これがキャッシュレス化すると

  1. キャッシュレス手段(クレジットカード/アプリ決済等)で支払う
  2. 家計簿アプリにデータが集積される

という、2ステップになり効率化が図れるだけでなく

買い物のデータが勝手にアプリに送信されるため、レシートを集計する手間が省けます。

②総資産の把握と管理が容易になる

家計簿アプリでは、クレジットカードでの支払いデータが集積できるだけでなく、口座残高もリアルタイムで反映させることができます。

クレジットカードを使うことで、総資産(銀行預金)から直接引き落としがかかる様子がアプリで把握できるため

財布の中身の減り具合で家計を管理する打算的な方法から

総資産からいくら減ったかが視覚的に分かるようになるため、お金の流れをしっかりとつかむことができるようになります。

キャッシュレス決済で最大5%のポイント還元が受けられる

2019年10月からの消費税増税に伴って、経済産業省主導で

  1. キャッシュレス・消費者還元事業
  2. プレミアム付き商品券の発行

という政策が実施されます。

消費者還元事業ではキャッシュレス決済を推進するために

企業側に対しては決済端末の導入補助、決済手数料の負担を政府が行います。

消費者に対しては、キャッシュレス決済手段を用いて商品を購入した場合に

決済に使用した決済手段に付随するポイントで最大5%の還元が受けられます。

例えば、クレジットカードの支払いに充てられる楽天カードで買い物をした場合、通常の還元率1%に加えて最大5%のポイント還元が受けられるため

実質6%オフの価格で買い物ができるという計算になります。

消費税増税後であれば、消費税4%と同等の金額で買い物ができます。

政策実施期間は2019年10月~2020年6月まで。

こんなお得な政策をつかわない手はありません。

<2019年8月2日追記>

キャッシュレス・消費者還元事業でのポイント還元についての詳細が決まりました。

大手カード会社はクレジットカード・デビットカードでのポイント還元上限を月額1万5千円とすることで決定しました。

中小企業での購入で5%のポイント還元を受ける場合、月額30万円までがポイント還元の対象になる見込みです。

また、電子マネーについては月額ではなく、1日の還元上限を設定する見通しとなる。

参考資料:日本経済新聞電子版(2019年8月1日付記事)

家計簿アプリはマネーフォワードを使ってみよう

私は数ある家計簿アプリの中でも「マネーフォワード」を利用しています。

理由はマネーフォワードクラウドという事業向けの確定申告ソフトと連携できるからです。

事業会計もすべてクレジットカードで支払いを行っているため、確定申告を行うのに便利という理由で使用しています。

マネーフォワードは無料で使える便利な家計簿アプリです。

家計簿 マネーフォワード ME - お金管理 アプリ
家計簿 マネーフォワード ME – お金管理 アプリ
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ

マネーフォワードでは

  • 銀行の残高をリアルタイムで把握できる
  • クレジットカードの使用状況を都度確認できる
  • 入出金があった場合は通知で知らせてくれる

という点でおすすめです。

すべて自動化できるため手書きの家計簿が不要になります。

クレジットカードの使用状況は、使ってから反映までに1日ー3日ほどのタイムラグが生じますが、いくら使ったかが目に見えるようになるので

「クレジットカードは使い過ぎそうで怖い…」

なんていう人も安心して使えるようになっています。

マネーフォワードの使い方

使い方はとっても簡単です。

アプリをダウンロードしてあと、普段使っている銀行口座とクレジットカード情報を入力して連携させるだけです。

あとは勝手にデータをアプリが反映させてくれます。

※無料版では連携項目上限は10個までとなっています。

複数のクレジットカードや銀行残高、証券口座等の情報を登録したい場合は、有料版をお試しください。

マネーフォワードの7つメリット

マネーフォワードには以下の7つのメリットがあります。

マネーフォワードのメリット

  1. クレジットカード等の使用状況がすぐに通知される
  2. 過去の使用状況を踏まえて支出項目を自動分類してくれる
  3. 家計簿を自動作成してくれる
  4. 家計簿の診断をしてくれる
  5. 現金支払いでの入力にももちろん対応
  6. パソコン版にも対応
  7. グループ分け機能搭載

クレジットカード等の使用状況がすぐに通知される

これはアプリの通知画面です。

クレジットカードでの支払い状況の反映はリアルタイムとはいきませんが大体1日~3日後にすぐに反映されます。

そのほかにも銀行の出金/入金情報など、マネーフォワードに登録した項目に動きがあった場合はすぐにアプリで通知してくれます。

そこでリアルタイムに残高の変動が目で見えて分かるので

手元に銀行口座という大きな財布を持った感覚で普段の買い物ができるようになります。

過去の使用状況を踏まえて支出項目を自動分類してくれる

最初にクレジットカードで支払いを行った場合は、支出項目が分類されていない状態になります。(上記?マーク)

したがって、最初のうちはアプリを開いて手動で支出に対して項目を設定する必要があります。

しかし、2回目以降になると、過去の支払い履歴からどの項目が一番最適か自動で分類してくれるので、わざわざ分類する必要がありません。

スーパーで買い物をすれば「食費」に分類してくれますし

ガソリンスタンドで給油すれば「ガソリン」の項目に自動的に分類してくれます。

家計簿を自動作成してくれる

上記画像のように、日々の支払いが項目分けされてくると

自動的に円グラフで家計簿を作成してくれます。

月の収入/支出の項目が円グラフで表示されて

収支差がいくらかとうところまでもしっかりと反映してくれます。

また、カレンダー形式でどの日になんの出費があったかもすぐに分かります。

(曜日をタップするとその日の収入/支出が見れる)

家計簿の診断をしてくれる

これも素晴らしい機能です。

前月/今月の収支を比較して、どの項目がどれくらい増減があったかを計算してくれます。

また、自分の家計の出費が「理想の家計の出費」に比べてどれくらい多いのか少ないのかも自動で診断してくれます。

家計簿のプロが毎月サポートしてくれるような感覚で使えるので

節約できること間違いないでしょう。

現金支払いでの入力にももちろん対応

基本的にこのアプリはキャッシュレス決済と非常に相性が良いので

クレジットカード中心での支払いを推奨します。

しかし、残念ながら一部の店舗(飲食店)や自動販売機ではまだまだキャッシュレス決済に対応していない現状があります。

そんな場合でも、出費の手打ち入力/レシートの自動読み取り機能ももちろんついています。

現金で支払った場合でも問題なくアプリに反映できるのが安心ですね。

パソコン版にも対応

さらにマネーフォワードはアプリ版だけでなく、オンラインでのクラウド版もあります。

こちらはパソコンからのアクセスが必要になりますが

アプリ版以上に使いやすいUIになっており、さらに見やすい画面で家計簿の管理が行えます。

このように一括して支出項目の分類も可能になります。

印刷して紙ベースでの管理も可能になります。

グループ分けができる

私個人としてはこの機能が一番役立っています。

マネーフォワードには事業用の口座/クレジットカードも併せて登録していますが

これは「別」に管理したいため、家計簿に反映させたくありません。

そんな時は「グループ分け機能」を用いることで、指定した口座/クレジットカードのみを表示・集計してくれます。

これで「事業用」「生活用」の二つの家計簿を持つことが可能になっています。

マネーフォワード利用上の注意点

マネーフォワードアプリはクレジットカード等のキャッシュレス決済と非常に相性がよいアプリです。

しかし、使い方に注意しないと使用金額の2重カウントが発生してしまうことがあります。

以下の4点は2重カウントになってしまいますので注意してください。

マネーフォワード利用上の注意点

  1. 家族カードは登録しない
  2. 所有口座間の移動は「振替」にする
  3. ATM引き出し項目は計算対象外にする
  4. オンラインショッピングは連携しない

家族カードは登録しない

この画像をみてください。

これは家族カードで食料品を買った時の新着通知です。

同一金額が「2重カウント」になっていることがわかります。

家族カードは、メインのクレジットカードに付随する形でカードが発行されています。

そのため、家族カードを使用したら、メインのクレジットカードで請求がかかる仕組みになっています。

キャッシュレス・消費者還元事業で獲得ポイントを一括で管理するのに必須の家族カードですが、マネーフォワードで登録するとこのように二重カウントになってしまうので登録はやめましょう。

所有口座間の移動は「振替」にする

家賃の支払い等で生じてしまう現象です。

我が家の場合、妻の口座から家賃の引き落としがかかっていますが、不足分を補うために

私の口座から家賃分を妻の口座に自動的に振り込んでから、引き落としをかけています。

家賃が5万円だった場合

  • 私の口座から5万円出る
  • →妻の口座に5万円入る
  • →家賃として5万円出る

結果的に5万円が消えているだけなのですが

マネーフォワードでは

私の口座から5万円出金=5万円の支出

妻の口座から5万円出金=5万円の支出

合計10万円の支出

という計算になってしまいます。

これを解決するのが支出項目で「振替」指定する方法です。

「振替」指定すると、登録した口座間の移動は支出としてカウントされなくなります。

口座間での移動がある過程の場合は注意しましょう。

ATM引き出し項目は計算対象外にする

これは完全キャッシュレスを目指す過程のみ推奨です。

とある美容院でクレジットカードが使えず、ATMから1万円引き出して

美容院に1万円支払ったとしましょう。

当然クレジットカードでの出金ではないため、手入力で美容院代金として「1万円」をアプリに打ち込む必要があります。

そうすると

  • ATM出金=1万円の支出
  • 美容院代金=1万円の支出

合計2万円の支出としてカウントされてしまいます。

このため、完全キャッシュレス化を目指すのであれば、ATMからの出金はカウントしない設定にすることをお勧めします。

オンラインショッピングは連携しない

マネーフォワードの機能として、オンラインショッピングでいくら使用したかを反映させる機能があります。オンラインショッピングでの決済はきっとクレジットカードでしょう。

一見便利に見えますが、クレジットカードでの購入と別で計算されてしまうため、二重カウントとなってしまいます。

オンラインショッピングとは連携しないことをお勧めします。

クレジットカードは還元率が良いものを選ぼう

日本人のクレジットカードの平均所持数は「7.4枚」となっていることはご存知でしょうか。

日本では年会費無料で作れるクレジットカードが多いため、諸外国に比べるとクレジットカードの所持数が多くなっています。

クレジットカードで支払うことのメリットは

  • 現金を出す手間が省ける
  • データとして集積できるため家計簿が楽になる

ということに加えて

  • 決済金額に応じたポイントが貯まる

ことが挙げられます。

クレジットカードで支払いを行うと、店舗側がクレジットカード使用手数料(加盟店手数料)を負担してくれるため、消費者はクレジットカードでしはらうと金額が高くなるようなことはまずありません。

デメリットがないだけでなく、クレジットカードで支払うと決済金額に応じて「ポイント」が貯まります。

これは使うクレジットカードによって大きく異なりますが、ポイント還元率は1%以下のカードがほとんどです。

どうせクレジットカードを使うのであれば、ポイント還元率が良いカードを使いましょう。

また、クレジットカードを使用して貯まるポイントというのはカードの名義人個人に紐づけられています。

なので、同じカードでも夫婦で名義が違うと貯まるポイントが2分されてしまいます。

前述したように、ポイントを一括で管理するためには「家族カード」を作って、称するカードを1枚に絞った方が効率よくポイントを貯めることができます。

おすすめの高還元クレジットカード 

<楽天カード>

楽天カードはポイント還元率1%を誇る高還元カードです。

さらに、楽天市場での買い物に使用すると還元率は3%にアップします。

さらに、付帯サービスの加入状況や「お買い物マラソン」等のキャンペーンの状況によっては最大43%のポイント還元を誇るモンスターカードになります。

しかも、楽天カードの強みは、貯まった楽天スーパーポイントをクレジットカードの支払いに充てられるということです。

貯まったポイントを直接現金同様に使えるカードというのは非常に稀です。

また、楽天スーパーポイントを使って投資信託案件が購入できるため、資産として増やすこともできます。もちろん信託案件を売却すれば現金化可能です。

さらに最近では楽天スーパーポイントが使える実店舗も増えてきています。

新規入会キャンペーンで5000ポイントプレゼントもやっています。

もちろん年会費永年無料!作って損はないカードです。

楽天カード新規入会キャンペーン

こちらでも解説しています。

楽天スーパーポイントの使い方と貯め方を解説!楽天ポイントカード加盟店で効率よくポイント還元するには楽天カードがお得。

高ポイント還元クレジットカードおすすめは楽天カード!新規入会で5000円分ポイント付与!

<リクルートカード>

還元率1%でも非常に高還元カードといわれる中、還元率が1%を超えるものも中には存在します。

その一つで年会費が無料で使えるのが「リクルートカード」です。

ポイント還元率は驚異の1.2%です。

しかも、リクルートグループの決済で使うとさらに還元率が上乗せとなり、最大4.2%の超高還元カードに化けます。

じゃらんで予約するだけで3.2%ポイント還元

大手ショッピングサイト「ポンパレモール」で買い物で4.2%還元です。

すごいカードです。

また、貯まったリクルートカードは上記サービスで1ポイント=1円として使えるほかにも、1ポイント=1Pontaポイントに交換して使用することができます。

リクルートポイントよりも汎用性が高いPontaポイントであればローソン等のコンビニだけでなく、ガソリンの支払いなど、日常にある多くの実店舗で1ポイント=1円として使うことができます。

Ponta|提携店・サービス

また、最近始まった「Pontaポイント運用」に回せば、投資信託案件と連動してポイント運用して増やすことも可能です。

参考:Tポイント投資「SBIネオモバイル証券」でついに開始。楽天・Ponta・dポイントと並べるか。

リクルートカードの申し込みはこちらからどうぞ。

リクルートカード|新規申し込み

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事のポイントは以下の3点です。

  • 家計簿を簡単にするにはキャッシュレス化しよう
  • マネーフォワードアプリを使ってお金の流れの見える化を図ろう
  • お得な高還元クレジットカードを持とう

キャッシュレス社会となりつつある日本。

もはや現金を使ってレシートを集計しての家計簿は古いのかもしれませんね。

お金の流れを可視化することで、家計のスリム化を図りましょう。

当ブログでは節約術を解説しています。

良ければ下記カテゴリリンクからいろいろなページをのぞいていってください♩

素敵な節約ライフを。

ABOUT ME
カワムーラ!
カワムーラ!
ウェブサイト運営/HP制作管理で個人事業をしています。元バンドマン(@tone_niigata)で一児のパパ。見てくれる人がちょっと得するような情報を運営サイトを通して発信しています。 企業/個人問わずワードプレスHP制作管理やパソコン設定等承ります。詳細は下記リンクからどうぞ。
RELATED POST