節約知識

楽天スーパーポイントの使い方と貯め方を解説!楽天ポイントカード加盟店で効率よくポイント還元するには楽天カードがお得。

楽天グループにハマっているカワムーラです。

キャッシュレス決済・消費者還元事業で注目されているアプリ決済を追い風に、古参のTポイント、Pontaポイント加盟店が次々と楽天スーパーポイント乗り換えてきています。

ここ最近ではスポーツ大手販売の「アルペン」や飲食店事業を展開する「大戸屋」、大手ホームセンターを展開する「コーナン商事」、ファストフードチェーンの「リンガーハット」等、続々と「楽天経済圏」への参加を表明しています。

背景にはTポイントへの不信感(裁判所の令状なしに捜査当局へ顧客情報を提供していた)や「1業種1種類」という暗黙のルールの中で運営されていたポイント制度自体が、キャッシュレス・消費者還元事業でのアプリ決済が注目されてきたことで崩れてきたことなどがあります。

楽天グループは楽天市場で貯まったポイントを実店舗でも使用できるようになったため、悲願であった「O2O=オンライン・ツー・オフライン」を現実のものにしつつあります。

益々の広がりを見せる楽天経済圏。

その中でちょっとわかりにくいのが

楽天スーパーポイントの貯め方、使い方です。

本記事ではこの二つの関係と、楽天ポイント加盟店での楽天スーパーポイントの貯め方を解説していきます。

楽天スーパーポイントとは

楽天スーパーポイントとは、楽天グループで買い物をした際に付与される楽天独自のポイントのことです。

1ポイント=1円として考えていただいてOKです。

よく「楽天ポイント」といわれますが、例外なく「楽天ポイント=楽天スーパーポイント」のことです。つまりは意味は一緒なので明確に区別する必要はありません。

※電子マネーの楽天キャッシュとは明確に別ですので区別してください。

楽天スーパーポイントの使い道

楽天スーパーポイントは1ポイント=1円として換算できます。

使い道としては

  • 楽天ポイントカード加盟店での支払いの代わりに使う
  • 楽天市場の支払いで使う
  • 楽天カード(クレジットカード)の請求の際に使う
  • 楽天証券へポイント投資を行う
  • 楽天ペイ(アプリ決済)で使う
  • 楽天Edy(電子マネー)の支払いで使う

など、非常に使い方が多岐にわたります。

楽天グループのサービスであれば1ポイント=1円として使えると思っていただいても大丈夫でしょう。

これ以外にも紹介しきれないほどの使えるサービスがありますので、詳しくは公式ホームページも併せてご覧ください。

楽天ポイントクラブ|楽天スーパーポイントが使えるサービス

ちなみに

楽天証券にポイント投資をして買った投資信託を売却すれば現金化が可能です。

楽天ペイおすすめ攻略方法!楽天カードと組み合わせて高ポイント還元!kyashを使った裏ワザとポイント現金化方法! 2019年10月からの消費税増税に伴う日本政府の施策として 「キャッシュレス決済で商品の支払を済ませた際、その代金の最大5...

また、

楽天カードの引き落としで使うように設定すれば楽天カードでの支払いであれば事実上

どこで買っても楽天スーパーポイントで支払いができるということになります。

こんなに汎用性が高いポイントはおそらく楽天スーパーポイントしかないでしょう。

楽天スーパーポイントを貯めるには

楽天スーパーポイントを貯めるには以下の方法があります。

  • インターネット上の楽天市場で買い物をする
  • 楽天カードを使って買い物をする
  • 楽天ポイントカード加盟店でポイントカードを提示する
  • 楽天ペイで買い物をする
  • 楽天Edyで買い物をする
  • 楽天グループのサービスを利用する(楽天銀行、楽天でんき等)

上記を見るとわかる通り、様々なところで貯まります。

楽天カードと楽天ポイントカードの違い

似ているけども全然違うこの二枚。ちょっと説明します。

楽天カード

楽天カードはICチップ付きクレジットカードのことを指します。

ポイント還元率は1%(100円で1ポイント付与)です。

楽天市場での買い物で使用すると3%~43%まで還元率が跳ね上がります。

楽天ポイントカード

一方で、楽天ポイントカードは、楽天ポイントカード加盟店で提示することで、ポイントが貯まるというだけのポイントカードです。

還元率は店舗によって異なりますが、0.5%~1%(200円で1ポイント~100円で1ポイント)付与されることが多いです。

これは加盟店独自のマークが入っていることが多いですが、基本的に楽天ポイントカード加盟店であれば提示することでどこでも楽天スーパーポイントを貯めることができます。

楽天ポイントカードはバーコードがあればOK

ここが一番わかりにくいところです。

「楽天ポイントカード」というものは存在するのですが、実は楽天カードを作るときに

クレジットカード機能のオプションとして、「楽天ポイントカード」機能を追加することができるのです。

右上に「R POINT」と刻印してあるのがわかるでしょうか。

クレジットカード兼楽天ポイントカードなのです。

楽天ポイントカードとして使うには、クレジットカード裏面のバーコードをスキャンしてもらいます。

ついでに電子マネーの楽天Edy機能も付けられますので

楽天カードは3in1のカードといえます。

また、楽天ポイントカードは「楽天ペイ」アプリに統合されました。

楽天ペイとは、スマートフォンを用いたバーコード決済アプリです。

このアプリの中にも楽天ポイントカードが組み込まれています。

右上の「ポイントカード」というタブをタップすると「楽天ポイントカード」のバーコードが現れます。

これを楽天ポイントカード加盟店でスキャンしてもらうとポイントが貯まります。

楽天スーパーポイントは楽天会員情報によって紐づけられる

ここで疑問になるのが「楽天カードで貯めたポイントと楽天ポイントカードで貯めたポイントは別々になるの?」という点です。

ここについては「別々にならない」です。

楽天スーパーポイントはそれぞれ楽天会員情報に紐づけられているため、どのような手段で楽天スーパーポイントを獲得しても、貯まるポイントは自動的に一つにまとまります。

  • 楽天ポイントカードで貯めても
  • 楽天カードの支払いで貯まっても
  • 楽天でんきの支払いで貯まっても
  • 楽天銀行の取引回数で貯まっても

一つにまとまります。

逆を言えば、夫婦でポイントを一緒に貯めようと思っても、個人の会員情報に紐づけられているため、獲得ポイントがそれぞれ別になります。

※夫婦で楽天スーパーポイントを貯める方法については下記記事をご参照ください。

家族カードでクレジットカードのポイントをまとめる!ポイント還元政策前の準備が重要 節約術指南のカワムーラです。 固定費の削減で年間15万円以上の節約に成功、副収入で年収100万円アップに成功し、さらに運用...

楽天スーパーポイントを貯める様々なケース

基本的に楽天カードで支払えば、支払った代金の1%分の楽天スーパーポイントが付与されます。

また、下記以外にも楽天グループでの取引であればほぼ必ずと言っていいほど楽天スーパーポイントが貯まります。

  • インターネット上の楽天市場で買い物をする
  • 楽天ポイントカード加盟店でポイントカードを提示する
  • 楽天ペイで買い物をする
  • 楽天Edyで買い物をする
  • 楽天グループのサービスを利用する(楽天銀行、楽天でんき等)

これ以外にも楽天スーパーポイントが貯まるサービスは紹介しきれないくらいありますので、興味がある方は公式ホームページも併せてご覧ください。

楽天ポイントクラブ|楽天スーパーポイントが貯まるサービス

オンラインショッピングでの楽天スーパーポイントの貯め方

楽天市場であれば購入金額の3%が還元されます。

さらにそこに「楽天グループ提携ボーナス」と「店舗ボーナス」、「キャンペーンボーナス」が追加されることで、最大購入金額の43%がポイント還元されるケースもあります。

楽天市場で買い物をするのであれば楽天カードは間違いなく必要になります。

高ポイント還元クレジットカードおすすめは楽天カード!新規入会で5000円分ポイント付与! 節約術指南のカワムーラです。 固定費の削減で年間15万円以上の節約に成功、副収入で年収100万円アップに成功し、さらに運用...

また、楽天市場以外での買い物でも、楽天カードを決済方法に指定すれば、支払代金の1%がポイント還元されます。

アマゾンで買っても、ヤフーショッピングで買っても、購入金額の1%分の楽天スーパーポイントが付与されます。

実店舗での楽天スーパーポイントの貯め方

楽天ポイントカード加盟店の場合

楽天ポイントカード加盟店の場合、レジで支払う際に楽天ポイントカードを提示します。

この時

  1. 楽天ポイントカードを見せてバーコードをスキャン
  2. 楽天カードの裏面のバーコードをスキャン
  3. 楽天ペイアプリ内の楽天ポイントカードのバーコードをスキャン

のどれをしても楽天スーパーポイントが貯まります。

それぞれ別のポイントカードとしてカウントされますが、前述のとおり、すべて統合されますのでご安心ください。

さらに、楽天ポイントカード加盟店での決済を楽天カード(クレジットカード)で支払った場合、クレジットカード支払い分も楽天スーパーポイントが1%貯まります。

これがいわゆるポイントの二重取りです。

(楽天ポイントカード(0.5~1%)+楽天カード(1%)=還元率1.5~2%)

さらに楽天ポイントカード加盟店で楽天ペイを使用した場合、ポイントの三重取りが可能になります。

(楽天ポイントカード(0.5~1%)+楽天ペイ(0.5%)+楽天カード(1%)=還元率2~2.5%)

※楽天ペイの仕組みは下記記事を参考にどうぞ

アプリ決済の使い方解説。楽天ペイはチャージ不要!PayPay(ペイペイ),LINE Pay(ラインペイ)との違いを比較! キャッシュレス決済を日々研究しているカワムーラです。 最近は楽天ペイをメインの決済手段として使っています。 現金を使...

また、電子マネーの楽天Edyで支払った場合も0.5%ポイントが還元されます。

楽天ポイントカード非加盟店の場合

ポイントカードは使用できないので、支払いに楽天カード(クレジットカード)を使うことで、支払代金の1%が還元されます。

楽天ペイ対応のコンビニ(ファミリーマート、ローソン等)であれば

楽天ペイで支払って、引き落とし先を楽天カードに指定していれば1.5%のポイント還元(二重取り)となります。

また、電子マネーの楽天Edyで支払った場合も0.5%ポイントが還元されます。

まとめ

いかがでしょうか。

楽天ポイントカードの詳細やポイントカード加盟店、使い方等の詳細は公式ホームページにも掲載されていますので、詳しく知りたい方はそちらも参考にしてください。

楽天ポイントカード|ご利用ガイド

2019年10月から始まる経済産業省が指揮するキャッシュレス・消費者還元事業ではキャッシュレス決済を行って買い物をした場合に決済金額の2%~5%がポイント還元されます。

どのポイントで貯めるか迷っている人は、汎用性の非常に高く、ポイントがザクザク貯まる楽天スーパーポイントをお勧めします。

楽天カード(クレジットカード)を持っていない人は、この機会に作ってみてはいかがでしょうか。

年会費永年無料で発行手数料もかかりません。持つだけタダです。新規入会時5000ポイントプレゼントキャンペーンも実施中ですのでお見逃しなく!

あとは使ってポイントを貯めるだけですね!

楽天カード新規入会キャンペーン

関連記事はコチラ

アプリ決済の使い方解説。楽天ペイはチャージ不要!PayPay(ペイペイ),LINE Pay(ラインペイ)との違いを比較! キャッシュレス決済を日々研究しているカワムーラです。 最近は楽天ペイをメインの決済手段として使っています。 現金を使...
ポイントサービスランキングから読み解く!高ポイント還元のキャッシュレス決済は何か。クレジットカードは早めに作ろう! 節約術指南のカワムーラです。 固定費を極力削減し生活コストを落として、副収入で年間100万円を稼ぎ、それを資産運用に回して...

https://www.mottainai.site/archives/609

PayPay(ペイペイ),LINE Pay(ラインペイ),楽天ペイを比較!賢い選び方はポイント還元二重取りと2次利用先! 追記:楽天ペイのポイント還元率を一部修正しました。 2019年10月からの政府主導のキャッシュレス決済時5%ポイントバック...
高ポイント還元クレジットカードおすすめは楽天カード!新規入会で5000円分ポイント付与! 節約術指南のカワムーラです。 固定費の削減で年間15万円以上の節約に成功、副収入で年収100万円アップに成功し、さらに運用...
楽天ペイおすすめ攻略方法!楽天カードと組み合わせて高ポイント還元!kyashを使った裏ワザとポイント現金化方法! 2019年10月からの消費税増税に伴う日本政府の施策として 「キャッシュレス決済で商品の支払を済ませた際、その代金の最大5...

 

 

ABOUT ME
カワムーラ!
カワムーラ!
ウェブサイト運営/HP制作管理で個人事業をしています。元バンドマン(@tone_niigata)で一児のパパ。見てくれる人がちょっと得するような情報を運営サイトを通して発信しています。 企業/個人問わずワードプレスHP制作管理やパソコン設定等承ります。詳細は下記リンクからどうぞ。
RELATED POST