金融系節約術

楽天ペイおすすめ攻略方法!楽天カードと組み合わせて高ポイント還元!kyashを使った裏ワザとポイント現金化方法!

2019年10月からの消費税増税に伴う日本政府の施策として

「キャッシュレス決済で商品の支払を済ませた際、その代金の最大5%」を還元するサービスが始まりました。

楽天ペイ/カードでのキャッシュレス決済をおすすめする理由は

  • ポイントがそのままクレジットカードの支払代金として使える→どこでも使える
  • ポイント投資で運用できて増やすことができる
  • ポイント投資で買った証券を売却して現金化できる

という3点です。

楽天ペイでの最大ポイント還元は6.5%です。

この高還元で貯まったポイントを

楽天証券のポイント投資へ流して運用して増やす

というのが本記事の楽天ペイ攻略の根幹です。

※この方法に楽天カードが必須です。お持ちでない方はこの機会にどうぞ。

※永年年会費無料です。

楽天カード新規入会キャンペーン

楽天カード|新規入会キャンペーン

<広告>

2019年10月1日から大手携帯キャリアの違約金1000円以下に!

格安SIMに乗り換えて通信費を節約しよう。

格安SIMの選び方をやさしく解説
>シムチョイスナビ(クリック)

レンタルワイファイルーターと格安SIMの総合サイト

Denpa Choice Navi(デンパチョイスナビ)

キャッシュレス決済について予備知識

キャッシュレス決済とは「現金を使わない決済手段」を指します。

一番先に思い浮かぶのはクレジットカードですね。

最近ではバーコード決済や楽天ペイのようなQRコード決済という言葉が出てきました。

キャッシュレス決済とは何か

キャッシュレス決済とは、現金を使用しないで商品を購入することを指します。

昔からあるクレジットカードが代表です。最近ではSuicaやnanacoといった電子マネーも登場していますね。これもキャッシュレス決済です。

そもそも政府がキャッシュレス決済を導入したいのには2つ理由があります。

  1. 現金決済に比べて人件費が削減できる
  2. 2020年オリンピックに向けて海外資本を取り込みやすい

というメリットがあります。

これについてはコチラで詳しく解説しています。

キャッシュレス決済とは?導入するメリットと今後の展望 LINE Pay(ラインペイ),PayPay(ペイペイ)、楽天ペイ、Origami Pay(オリガミペイ)、Apple Pay(...

どのポイントで還元されるのか

2019年10月1日から始まった「キャッシュレス消費者還元事業によるポイント還元」ですが、キャッシュレス決済に使用したサービスに関連するポイントが付与されます。

例えば、ポイント還元率5%の中小スーパーで楽天カードを使って買い物を行った場合

  • 楽天スーパーポイントで5%還元(消費者還元事業のポイント還元)
  • 楽天スーパーポイントで1%還元(クレカ利用時の通常のポイント付与)

合計6%ポイント還元

という形になります。

1万円買ったら600円が楽天スーパーポイント=600ポイントで戻ってきます。

これって結構すごいことです。

キャッシュレス決済手段を選ぶポイントは還元ポイントが現金として使えるかどうか

貯まったポイントの使い道、あなたは思い浮かびますか?

大抵の人はこのポイントの2次利用先は「次の買い物」でしょう。

実はこの還元ポイントですが、「貯めて増やす」という選択肢があります。

還元ポイントを貯めて増やすには

大体貯まったポイントの使い道は

  • 商品券もしくは同等品に交換

というものがほとんどです。

そのポイントを増やす選択肢はなかなか考えつきません。

その上、そのポイントを現金化できるなんて思いつかないでしょう。

実は「楽天スーパーポイント」は

  1. 貯めて増やせる(楽天証券でポイント投資)
  2. 現金同等に使える(楽天カードポイント払い)
  3. 現金化できる(楽天証券で株もしくは投信を売却)

まさにスーパーなポイントなのです。

キャッシュレス決済戦国時代において、楽天スーパーポイント最も効率よく貯めて、増やす方法の完全図解がこちらになります。

この図のように、最終的にたまった楽天スーパーポイントを楽天証券でつみたてNISA口座を開設し、投資信託を購入することで増やすということがキャッシュレス決済戦国時代において最も効率よくポイントを貯めて増やす最適解です。

それでは順を追って仕組みを解説していきます。

楽天カード新規入会キャンペーン

楽天ペイについて

キャッシュレス決済アプリでの支払い方法は4種類あります。

  1. バーコードの提示で店員さんにスキャンしてもらう
  2. QRコードを端末にかざす
  3. 店舗にあるQRコードをスキャンして購入金額を入力する
  4. スマホを専用端末の上に置く(タッチ)

楽天ペイを使うには、携帯端末に表示されたバーコードを店員さんに読み取ってもらいます。

楽天ペイは2019年10月1日から大手コンビニ3社(ローソン、ファミリーマート、セブンイレブン)で使用可能になりました。

楽天ペイのポイント還元率

楽天Payは購入金額の0.5%がポイント還元されます。

200円=1ポイント獲得できる計算です。

下記比較の通り、一般的な還元率です。

楽天ペイ+楽天カードで1.5%ポイント還元

楽天ペイの場合、チャージの必要はなく、アプリに登録されたクレジットカードから引き落としがかかります。

この時に登録できるクレジットカードは楽天カード以外にも選択できるのが楽天の素晴らしところです。

楽天カードは購入金額の1%が楽天スーパーポイントで還元されますので

楽天ペイと合わせて購入金額の1.5%が楽天スーパーポイントで還元されます。

この時、引き落とし先のクレジットカードを楽天カード以外に指定した場合、別のポイントがたまってしまうこととなってしまうので、お得感が半減します。

やはり還元ポイントは共通のものが節約の観点からは望ましいですね。

楽天ペイを使用するのであれば、永年年会費無料の楽天カードは必須です。

楽天カード新規入会キャンペーン

また、楽天スーパーポイントは楽天カードのクレジットカードの支払いに1ポイント=1円として充てることができるため、現金化するまでもなくそのまま使えます。

クレジットカードで支払ったものにはすべて楽天スーパーポイントが使えるので、楽天ペイが使えないお店でもどこでも、楽天カードで支払えばポイントが使えてしまうのは素晴らしです。

<楽天カードのメリットまとめ>

楽天カードを使った楽天市場での買い物での還元率は3%です。

しかし、登録している楽天サービスに応じて還元ポイントが最大16%になります。

さらに「お買い物マラソン」や「ショップポイント」等を合わせると合計で最大43%のポイントが付与されます。

さらにメリットとしては、使用した後に登録したメールアドレス宛に使用状況メールが届きます。

「クレジットカードの使い過ぎが怖い…」なんて方も安心して把握できます。

楽天カード新規入会キャンペーン

キャッシュレス決済や口座の管理はマネーフォワードがお勧めです。

家計簿マネーフォワード ME
家計簿マネーフォワード ME
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ

さらにキャッシュレス消費者還元事業のポイント還元で最大6.5%還元

楽天ペイと楽天カードの組み合わせで1.5%のポイント還元が受けられるのに加えて

キャッシュレス消費者還元事業のポイント還元の最大5%還元が加わると、最大6.5%が楽天スーパーポイントで還元されます。

素晴らしい還元率ですね。

kyashを挟むことでさらにキャッシュポイントで2%還元される裏技

「kyash」というサービスはご存知でしょうか。

https://kyash.co/

「キャッシュ」はチャージ式のクレジットカードです。

このチャージ式クレジットカードの珍しいところは、クレジットカードのチャージ先にクレジットカードが指定できるという点です。

例えば、kyashのチャージ先に楽天カードを指定して、kyashで10000円の買い物をした場合

  • kyash…決済代金の2%がkyash残高として還元=200円
  • 楽天カード…決済代金の1%が楽天スーパーポイントで還元=100ポイント

という形で、サービスポイントの二重取りができてしまいます。

さらに、引き落とし先に楽天カードを指定したkyashを楽天ペイの引き落とし先に指定して、楽天ペイで10000円の買い物をすると…

  • 楽天ペイ…決済代金の0.5%が楽天スーパーポイントで還元=50ポイント
  • kyash…決済代金の2%がkyash残高として還元=200円
  • 楽天カード…決済代金の1%が楽天スーパーポイントで還元=100ポイント

ポイントの3重取りができてしまいます。

キャッシュレス消費者還元事業のポイント還元制度では、一時決済手段のポイントが付くので、ここでは楽天ペイで貯まる楽天スーパーポイントか貯まります。

よって

  1. 楽天ペイ→5.5%還元(楽天スーパーポイント)
  2. キャッシュ→2%還元(キャッシュポイント)
  3. 楽天カード→1%還元(楽天スーパーポイント)

ということになります。

kyashの引き落とし先に楽天カードを使うときの注意点

kyashは「VISA」「MasterCard」のみにしか対応していないため、楽天カードの国際ブランドが「JCB」などの場合には使用することができません。

楽天カードを作る際は必ず「VISA」「MasterCard」のどちらかを指定して作りましょう。

年会費永年無料の楽天カード|新規入会キャンペーン

楽天ペイの攻略はポイント還元のその先にある

楽天ペイで貯まったポイントは

  1. 楽天証券のポイント投資で増やす
  2. 運用益が出てきたら売却して現金化する

ことで、さらに増やしましょう。

これを実現させるにはポイント投資をしなければならないため

楽天証券 と連携する必要があります。

楽天証券

楽天銀行は特に必須ではありませんが預金金利が非常に良いことと、楽天証券との相性が良いので、持っておいても損はないと思います。

楽天証券 の口座は、楽天銀行の口座開設と同じ手続きの流れで開設できます。

そして、楽天銀行と楽天証券の口座を連携させる(※マネーブリッジ設定)をすると

楽天銀行の普通預金金利が0.1%になります。

※マネーブリッジとは楽天銀行⇔楽天証券の口座のお金をスムーズにやり取りできるようにする手続きのことです。

メガバンクの100倍です。

(一般的な銀行の普通預金金利は0.01%)

100万円を1年預けたときの利息
  • メガバンク→10円
  • 楽天銀行→1000円

口座開設は下記からどうぞ。

楽天スーパーポイントが貯まる楽天銀行!無料口座開設

キーポイントは「楽天証券」での「ポイント投資」

楽天スーパーポイントを現金化するには「ポイント投資」が必要です。

このポイント投資を使うには楽天証券の口座を開設する必要があります。

楽天証券

楽天証券の口座を開設する前に

証券取引を行う際に注意しなくてはいけないのは開設口座の種類です。

法律では株式等の運用利益には約20%の税金が課されることが規定されいます。

<証券口座の種類>

  • 一般口座→運用益に対する税金を確定申告で自分で納める
  • 特定口座→振り込まれる儲けは運用益を引かれて振り込まれる
  • NISA口座→税金はかからない

一般口座は開設するとややこしいのでやめましょう。

ここで使用するのはNISA口座です。NISAは2種類あります。

<NISA口座の種類>

  • 一般NISA→年間100万円までの投資運用益が非課税となる
  • つみたてNISA→年間40万円までの投資運用益が非課税となる

ポイント投資で考えた場合、つみたてNISA口座の開設がベターかと思います。

つみたてNISA口座は月に33000(ポイント)円以下であれば利用可能です。

<積み立てポイントの上限>

多くの人は関係ありませんが、ポイント投資には上限が存在します。

<楽天スーパーポイントの利用可能上限>
■ダイヤモンド会員以外のお客様
通常注文の場合:30,000ポイント/1注文
積立注文(証券口座引落)の場合:30,000ポイント/1日
積立注文(楽天カードクレジット決済)の場合:30,000ポイント/1日
100,000ポイント/1ヶ月 

■ダイヤモンド会員のお客様
通常注文の場合:500,000ポイント/1注文
積立注文(証券口座引落)の場合:500,000ポイント/1日
積立注文(楽天カードクレジット決済)の場合:500,000ポイント/1日
500,000ポイント/1ヶ月

引用:https://faq.rakuten-sec.co.jp/faq.html?category=172

一般の人は月に10万ポイント以上使えないということです。

楽天証券でポイント投資を行う方法

ポイント投資は簡単です。

楽天ペイ登録時の楽天会員情報で楽天証券口座にログイン→ポイント投資を選ぶだけです。

この辺は公式ホームページに詳しく解説してありますので参考にどうぞ。

楽天証券

銘柄がわからない!という人が多いですが、安全に運用するのであればインデックスファンドを選びましょう。

運用益もそこそこで安定しているのは下記3銘柄です。

  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • iFree S&P500インデックス
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

※個人的には国内株式ベースの投信に期待していないので、アメリカ株価指数と連動しているものをお勧めしています。

実際の楽天証券での運用状況

この日のリターンは2.4%程度とやや控えめでした。

日々変動はしますが、トータルリターンは2%~7%程度で推移しています。

普通預金の年利が0.0010%ということを考えると、とんでもない数字です。

楽天証券

攻略のまとめ(図解)

一番お得な組み合わせは

の組み合わせが最も楽天スーパーポイントが貯まります。

以下の図は2019年10月以降のキャッシュレス決済時最大5%ポイント還元を踏まえた楽天スーパーポイントの貯まるチャートです。

もっとも楽天スーパーポイントが貯まる図

これであれば仮に5万円月にキャッシュレスで決済した場合、3340ポイントたまります。

このポイントで毎月ポイント投資を行い、投資信託を購入しましょう。

※合計金額が6000円になっているのはの場合です。あくまでも一例ということでとらえてください。

楽天銀行を使用しない場合

楽天銀行でスーパーVIPとなった場合、取引回数1回につき3ポイント貯まります。

楽天銀行を外すと獲得できる楽天スーパーポイントは月に90ポイントほど少なくなります。

楽天ペイを使用できない場合

楽天ペイ未対応のお店の場合、楽天カードであれば問題なく使えることが多いです。

楽天ペイを外すとポイント還元率が0.5%下がりますが、それでもかなりポイントが貯まります。

楽天ペイと楽天銀行を使用しない場合

多くの人がこの流れではないでしょうか。

貯まったポイントは楽天証券に流して、ポイントで投資信託を購入して増やすという図式です。

まとめ

キャッシュレス決済での5%ポイント還元が始まっても、結局はいつの間にか使ってしまって消えてなくなります。

せっかくもらったポイントです。

是非将来のために「貯めて増やす」選択肢を入れてみてはいかがでしょうか。

投資信託の積み立て投資は得られた利益を「再投資」することで「複利」で増えていきます。

積み立て投資は長期運用で力を発揮します。

毎日100円ずつ積み立てても20年後には倍になっていることもよくある話です。

この方法をとるには最低でも楽天カード、欲を言えば楽天銀行口座、楽天証券口座の準備が事前に必要になります。

楽天証券は楽天銀行で口座開設をするついでに証券口座も開設できます。

既に楽天銀行口座を持っている方は、投資を行わなくてもマネーブリッジ設定をするだけで預金金利が年利0.1%までアップするので、ぜひ証券口座を開設しましょう。

もちろん楽天カード契約、楽天銀行口座開設、楽天証券口座開設はすべて無料ですのでご安心ください。

楽天カード

楽天銀行

楽天証券

 

ABOUT ME
カワムーラ!
カワムーラ!
ウェブサイト運営/HP制作管理で個人事業をしています。元バンドマン(@tone_niigata)で一児のパパ。見てくれる人がちょっと得するような情報を運営サイトを通して発信しています。 企業/個人問わずワードプレスHP制作管理やパソコン設定等承ります。詳細は下記リンクからどうぞ。
RELATED POST