固定費削減

まだ光回線に高いお金払っているの?WiMAX(ワイマックス)で通信費節約!

f:id:hottyhottea:20180605005819j:plain

自宅でのインターネット回線といえば光回線が最もポピュラーでしょう。私もそうでした。

しかし、光回線は非常に速い反面、料金もそれなりにかかってきます。どの通信事業者でも5000円/月です。

携帯料金と合わせると結構な高額になってきます…もったいない!

本日は通信費を見直して、月々の固定費を節約する方法を解説します。

意外と高い月々の通信費

インターネットを使わないことがない昨今です。

出先ではiPhone等のスマートフォンを使い、自宅ではパケット代の節約といって光回線をつないだWi-Fiを飛ばしてスマートフォンでインターネットをしている方がほとんどでしょう。

キャリアのスマートフォンをお使いであれば 10000円/月 程度

自宅での光回線使用料は大体 5000円/月 程度でしょう。

家計簿では「通信費」のカテゴライズで毎月15000円を計上することになります。

年間18万円です。

「パケット代金の節約」という名目で導入している光回線がかえって家計を圧迫していることも少なくありません。

通信料が定額なのは「光回線」だけではない!

f:id:hottyhottea:20180605005908j:plain

光回線のメリットは「通信料が定額」ということです。

屋外で使用できるスマートフォンはLTEという電波をキャッチして無線でインターネットに接続しています。

ただ、「使い放題」ではなく、月々の上限通信料が決められています

上限通信料を増やすということは携帯の維持費が上がってしまうため自宅の「使い放題」である光回線にWi-Fiで接続して使用することで通信費の節約をしていることでしょう。

実は光回線以外にも通信料が定額となる通信方法が存在します。

それが「WiMax(ワイマックス)」です。

光回線以外の定額「WiMAX2+」

f:id:hottyhottea:20180605010142p:plain

WiMAX2+(ワイマックス)というワード、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

実はこのWiMAXは以前より提供されていました。

以前も同様に定額制のサービスでしたが

  • 通信速度が遅い
  • 3日合計の通信料が3GBを超過すると制限モードになって使い物にならない
  • 通信制限(128kbps)は1日中適応されるため本当に使い物にならない

という難点がありました。

2017年6月より規制緩和が行われ、以下のように改善が図られました。

  • 3日間の合計通信料が10GBを超過すると制限モードになる
  • 制限モードの適用時間帯は18時頃~翌2時頃のみ。それ以外は制限されない
  • 制限後の通信速度は1Mbpsとする

3日間の合計通信料が10GBだと以下のことが可能です。

  • 超高画質 約88回(約7時間)
  • 高画質  約166回(約13時間)
  • 標準画質 約570回(約47時間)
  • 低画質  約1000回(約83時間)

(引用元:UQコミュニケーションズ)

大量の動画ファイルをダウンロードしたりするような使い方をするユーザーは一部ですし

そもそも3日間で72時間しかないのでそんなに動画も見ません。

3日間で10GBの上限は万人のユーザーには十分な通信料だと考えます。

通信速度は

  • 下り 758Mbps 上り 75Mbps(理論値)
  • 下り80Mbps 上り 15Mbps程度(実測値)

光回線と比較すると多少は数値上は遅いですが通常使っている分では何ら問題はないレベルです。

WiMAXの最大のメリット

f:id:hottyhottea:20180605010412j:plain

WiMAXの最大のメリットは自宅以外でも通信料無制限で高速インターネットができるということです。

出先や出張先、カフェ、職場、どこでも通信費を気にせずにインターネットを使うことができます。

常にWiMAXに接続されているためスマートフォンのLTE通信を全く使わなくなります。

カフェ等でもまったく問題なくインターネットに接続しながら仕事をすることができます。ノマド系の職業の方にはもってこいですね。ブロガーの方にもおすすめです。

WiMAX2+の月額料金

WiMAX2+自体の技術や通信インフラはUQコミュニケーションズが保有しています。

現在、その技術を借用する形でWiMAX2+の契約が可能です。

ワイマックスの契約形態としては「ギガ放題」「フラットツープラス」というものがあります。

ギガ放題は文字通り通信料に制限がないものです。

フラットツープラスは月額料金が安く済む代わりに月7GB上限で通信制限があります。

ここでは「ギガ放題」について紹介します。

※最近ではキャンペーンと称して大体が初月無料、○○期間はキャンペーン価格!等であおりを入れてきておりますが…ここではそのキャンペーン終了後の月額を記載します。大事なのは始める時の価格ではなく、キャンペーンが終了した後の価格での比較です。大体が3年縛りなので気を付けて選びましょう。

月額料金(¥)
BIGLOBE4380円
とくとくBB4263円
@nifty4350円
UQ mobile4350円
BroadWiMAX4011円
3WiMax3995円 ※4年契約
novas3980円
DTI3760円
エディオン4380円

 

おすすめのWiMAX2+契約事業者は

f:id:hottyhottea:20180604235200p:plain

ブロードワイマックスです。

開始時で安いメーカーは他にもありますが問題は25か月目以降の料金です。

Broad Wimaxが25か月目以降の長期維持を考える上での月額料金が多少なりとも安くなっています。また、契約後翌日に端末を発送してくれるというスピーディーな対応も信頼性が高いです。

この点において、私はBroad Wimaxをお勧めします。

他、これより安い事業者も存在しますが、契約プランが4年縛りであったり、新規参入メーカー、サポート体制がいまひとつ…等、多少の不安があります。

 

f:id:hottyhottea:20180604235751j:plain

契約プランは 通信料定額の無制限プランと上限7GBのプランがありますが今回は固定回線の代替として考えるのでギガ放題プランを契約します。

2726円~という料金設定ですが、注意が必要です。

f:id:hottyhottea:20180604235956j:plain

この図のとおり、開始時数か月のみ上記値段となります。

それ以降は3411円25か月目以降は4011円となります。

WiMAX2+を使用するにあたって専用端末が必要ですが最新の機種であっても端末利用料金はかかりません。

最新の機種の方がバッテリーの持ちもよく、速度も速いです。

おすすめはこちらのSpeed Wi-Fi NEXT W05です。

f:id:hottyhottea:20180605002054p:plain

下り速度最大708Mbps、連続使用は約9時間可能です。

f:id:hottyhottea:20180605001837j:plain

自宅で使う際は専用クレードルで充電しながら使うことができます。

また、クレードルにはLAN端子がついているので

無線LAN機能がついていないデスクトップパソコンやテレビ、レコーダー等の通信機器でも使用することができます。

WiMAX2+のデメリット

f:id:hottyhottea:20180605010837j:plain

良いことばかりに見えるWiMAX2+のデメリットについても着目してみましょう。

通信速度にムラがある

有線接続の固定回線に比べて無線でのインターネットは

スマートフォンでのLTE回線同様に速度の揺らぎがあります。

安定性に欠けてしまう無線通信ですが、通信速度に関しては極端に遅くなってページが表示される速度が体感上遅くなるということはほぼないので

あくまでも「有線に比べたら安定性に欠ける」くらいの認識で良いと思います。

バッテリーが切れたら使えない

スマートフォンでも同様のことが言えますが、バッテリーが切れたら当然使えません。

連続通信時間の目安が約9時間となっていますが現実的に日常使う上で連続9時間もインターネットに接続していることはありません。

連続待ち受け時間も850時間と超電池持ちます。不安な方はモバイルバッテリーを用意した方が良いでしょう。

まあ日々スマホの隣で充電していれば困ることはないと思います。

出先で荷物が増える

確かに1つ持っていくものが増えます。

重さは131g、大きさはスマートフォンよりも小さいくらい。

私はたぶんカバンの中に入れっぱなしになると思います。

持ち運ぶとなると、小さいハンドバッグを持つ女性や手ぶらで移動したい男性は邪魔になるかもしれません。

固定回線と比較して通信制限がある

先にも記載したように通信制限があります。

  • 3日間の合計通信料が10GBを超過すると制限モードになる
  • 制限モードの適用時間帯は18時頃~翌2時頃のみ。それ以外は制限されない
  • 制限後の通信速度は1Mbpsとする
  • 超高画質 約88回(約7時間)
  • 高画質  約166回(約13時間)
  • 標準画質 約570回(約47時間)
  • 低画質  約1000回(約83時間)

(引用元:UQコミュニケーションズ)

この表を見る限り、通信制限がかかることは一般のユーザーであればほとんどないように思います。

仮に通信制限がかかったとしても上限1Mbps程度であればネットサーフィン程度であればストレスなく行えます。

さらに翌日には制限が解除されるため、それほど憂慮すべき事項ではないと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

月額5000円以上かかる光回線をワイマックスに変えることで、月々1000円程度の節約ができます。

ワイマックス開始時は3000円程度の月額料金となるので、開始直後はもっとお得ですね。

たかが1000円と思うかもしれませんが年間で12000円です。

加えて出先のパケット通信料も削減できることを考えると、スマートフォンの月々のパケット通信料の上限を最低まで下げることができるため、ここからさらに通信費用を抑えることが可能です。

さらに、固定費を削減したいのであれば格安SIMに乗り換えるのも一つの手段です。

私は割と電話をかけるので、格安SIMで数少ない通話料定額サービスを提供しているOCNモバイルONEに乗り換えました。

参考にこちらの記事もおすすめでs。

キャリアからの乗り換えおすすめ!格安SIMはOCNモバイルONE スマートフォンのキャリア、どこを使っていますか? 大体の方がa.u./ソフトバンク/ドコモかと思います。 そしてきっ...

光回線からの乗り換え、検討してみてはどうでしょうか。

BroadWiMAX(公式ホームページ)

最大2.5%ポイント還元

お金をコンビニ・銀行(ATM・ネットバンキング)でお支払い。

チャージタイプは面倒なギフト券番号の登録はいりません

Amazonを使う人にとってベストな選択。

・1円からでもチャージOK!・有効期限10年詳しく

ABOUT ME
カワムーラ!
カワムーラ!
音楽レーベル"GreenEchoes Studio"代表。現在一児のパパとなり音楽活動・レーベル活動共に休止中。隙間時間を利用して2018年4月17日からWeb運営事業「GreenEchoes Studio」代表としてブログ「カワムーラの日々のツラツーラ」「知らないなんてもったいない!」を開設。兼業ブロガーとして日々の気になること・節約術をツラツーラと書いています。