固定費削減

格安SIM×WiMAXでフレッツ光プロバイダーから乗り換え!モバイルWiFiで固定通信費を節約!

f:id:hottyhottea:20180605005819j:plain

格安スマホ、格安SIMといったワードが一般的になってきましたが、まだまだキャリアから乗り換えていない人も多く、月々の携帯代金に1万円以上払っている人も多いのではないでしょうか。

  • 格安SIMなら月々1600円~
  • WiMAX(ポケットWiFi)なら月々3300円定額

→合計5000円程度で月々の通信費は済みます。

光回線は必要ありません。

本記事では払いすぎている通信費を見直して、月々の固定費を節約する方法をツラツーラと解説します。

避けては通れない固定費「通信費」について

月々のスマホの通信費を節約する目的で、自宅でのインターネットは光回線にWiFiルーターをつないで使っている人が多いです。

そのスマホの代金は月々1万円、インターネットは光回線であればおおむね5000円程度でしょう。

意外と高い月々の通信費

インターネットを使わないことがない昨今です。

出先ではiPhone等のスマートフォンを使い、自宅ではパケット代の節約といって光回線をつないだWi-Fiを飛ばしてスマートフォンでインターネットをしている方がほとんどでしょう。

キャリアのスマートフォンをお使いであれば 10000円/月 程度

自宅での光回線使用料は大体 5000円/月 程度でしょう。

家計簿では「通信費」のカテゴライズで毎月15000円を計上することになります。

年間18万円です。

「パケット代金の節約」という名目で導入している光回線がかえって家計を圧迫していることも少なくありません。

「光回線」以外の定額制通信がある

f:id:hottyhottea:20180605005908j:plain

光回線のメリットは「通信料が定額」ということです。

屋外で使用できるスマートフォンはLTEという電波をキャッチして無線でインターネットに接続しています。

ただ、スマートフォンを使っての通信は「使い放題」ではなく、月々の上限通信料が決められています

上限通信料を増やすという選択肢もあります。

月々の上限ギガ数を上げるほど月額のスマホ維持費が上がってしまいますね。

そのため、自宅の「使い放題」である光回線にWi-Fiで接続して使用することで通信費の節約をしていることでしょう。

実は光回線以外にも通信料が定額となる通信方法が存在します。

それが「WiMAX(ワイマックス)/ポケットWiFi」です。

光回線以外の定額「WiMAX2+/ポケットWiFi」

f:id:hottyhottea:20180605010142p:plain

WiMAX2+(ワイマックス)というワード、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。ポケットWiFiという言葉はあまり聞きなれていない人が多いでしょう。

この2つのサービスは携帯電話と同じく屋外でも屋内でも通信ができるのにも関わらず、どんなに使っても定額なのです。

名称が異なるのは

auの回線を使用しているサービス→WiMAX

ソフトバンクの回線を使用しているサービス→ポケットWiFi

と呼ばれているだけで、中身の違いはありません。

WiMAX/ポケットWiFiとは

実はこのサービス以前より提供されていました。

以前も同様に定額制のサービスでしたが

  • 通信速度が遅い
  • 3日合計の通信料が3GBを超過すると制限モードになって使い物にならない
  • 通信制限(128kbps)は1日中適応されるため本当に使い物にならない

という難点がありました。

2017年6月より規制緩和が行われ、以下のように改善が図られました。

  • 3日間の合計通信料が10GBを超過すると制限モードになる(WiMAX)
  • 1日の合計通信料が3GBを超過すると制限モードになる(ポケットWiFi)
  • 制限モードの適用時間帯は18時頃~翌2時頃のみ。それ以外は制限されない
  • 制限後の通信速度は1Mbpsとする

3日間の合計通信料が10GBだと以下のことが可能です。

  • 超高画質 約88回(約7時間)
  • 高画質  約166回(約13時間)
  • 標準画質 約570回(約47時間)
  • 低画質  約1000回(約83時間)

(引用元:UQコミュニケーションズ)

大量の動画ファイルをダウンロードしたりするような使い方をするユーザーは一部ですし

そもそも3日間で72時間しかないのでそんなに動画も見ません。

3日間で10GBの上限は万人のユーザーには十分な通信料だと考えます。

(1日3GBというのは多少引っかかってくる人ももしかしたらいるかもしれません)

通信速度は

  • 下り 758Mbps 上り 75Mbps(理論値)
  • 下り80Mbps 上り 15bps程度(実測値)

光回線と比較すると多少は数値上は遅いですが通常使っている分では何ら問題はないレベルです。

WiMAX/ポケットWiFiのメリット

f:id:hottyhottea:20180605010412j:plain

WiMAX/ポケットWiFiの最大のメリットは自宅以外でも通信料無制限で高速インターネットができるということです。

出先や出張先、カフェ、職場、どこでも通信費を気にせずにインターネットを使うことができます。

常にWiMAXに接続されているためスマートフォンのLTE通信を全く使わなくなります。

ということは、スマホのパケットプランの上限を最低のものにしてもなんら差し支えないということです。

格安SIMとWiMAX端末を組み合わせて持つメリットとは! カワムーラです。 最近ではCM効果もあってかY!mobileやUQ mobile等の格安SIMが一般的になってきました。 ...

カフェ等でもまったく問題なくインターネットに接続しながら仕事をすることができます。ノマド系の職業の方にはもってこいですね。ブロガーの方にもおすすめです。

WiMAX/ポケットWiFiの月額料金形態

WiMAX/ポケットWiFiの契約形態としては「ギガ放題」「フラットツープラス」というものがあります。

ギガ放題は文字通り通信料に制限がないものです。

フラットツープラスは月額料金が安く済む代わりに月7GB上限で通信制限があります。

使うなら間違いなく「ギガ放題」です。

WiMAX/ポケットWiFiの契約時の注意点

最近ではキャンペーンと称して大体が初月無料、○○期間はキャンペーン価格!等であおりを入れてくるサービスが大半です。

ただ、そのサービスの多くは「3年縛り」で3年以内の解約で違約金を課すものがほとんどです。

キャンペーン終了後には元の料金に戻ることがほとんどで、入会時のみなんだか得をしたような気になるだけで、実際は安くないものがほとんどです。

料金比較

前述したように、3年縛りがある関係上、料金の計算は3年間の合計額で算出するのがスマートです。

以下、大手サービスの料金比較です。

GMO120,132円(3337円/月)
So-net130,320円(3620円/月)
BIGLOBE126,288円(3508円/月)
UQ WiMAX147,672円(4102円/月)
Broad WiMAX128,592円(3572円/月)
DTI WiMAX121,032円(3662円/月)
縛りなしWiFi106,800円(2966円/月)※いつ解約しても違約金なし

最も安いのは「縛りなしWiFi」です。もちろん「ギガ放題」と同様、使い放題です。

最近出たこのサービスは、3年間の縛りはありません。という事はいつ解約してもいいということです。

試しに…なんて言う使い方もアリですね。

はじめた月から12か月目まで月額3300円、13か月以降は長期割引で2800円に値下げとなります。

縛りなしWiFiの詳細はコチラ

おすすめのWiMAX/ポケットWiFi契約事業者は

おすすめは縛りなしWiFiとどんなときもWi-Fiです。

  • 縛りなしWiFiは月々3300円で使用できる
  • 13か月以降は2800円に値下げされる
  • レターパックライトで送られてくるため対面受け取り不要
  • 15時までの注文で東京から最速翌日に届く
  • 解約は最低1か月利用したのちに可
  • 解約料無料
  • エリアによって「WiMAX」「Softbank」か選べる
  • 下り速度は50Mbps程度
  • 端末による速度の違いはほとんどない

詳細はこちらの記事をご覧ください。

https://sim.greenechoes-studio.com/archives/82

縛りなしWiFiの詳細はコチラ

どんなときもWi-Fiはトリプルキャリアに対応しており、前述の通信上限の全くない新しいレンタルWi-Fiサービスです。

詳細はコチラをご覧ください。

https://sim.greenechoes-studio.com/archives/76

WiMAX/ポケットWiFiのデメリット

f:id:hottyhottea:20180605010837j:plain

良いことばかりに見えるWiMAX2+のデメリットについても着目してみましょう。

通信速度にムラがある

有線接続の固定回線に比べて無線でのインターネットは

スマートフォンでのLTE回線同様に速度の揺らぎがあります。

安定性に欠けてしまう無線通信ですが、通信速度に関しては極端に遅くなってページが表示される速度が体感上遅くなるということはほぼないので

あくまでも「有線に比べたら安定性に欠ける」くらいの認識で良いと思います。

バッテリーが切れたら使えない

スマートフォンでも同様のことが言えますが、バッテリーが切れたら当然使えません。

連続通信時間の目安が約9時間となっていますが現実的に日常使う上で連続9時間もインターネットに接続していることはありません。

連続待ち受け時間も850時間と超電池持ちます。不安な方はモバイルバッテリーを用意した方が良いでしょう。

まあ日々スマホの隣で充電していれば困ることはないと思います。

出先で荷物が増える

確かに1つ持っていくものが増えます。

重さは150g。程度大きさはスマートフォンよりも小さいくらい。

私はたぶんカバンの中に入れっぱなしになると思います。

持ち運ぶとなると、小さいハンドバッグを持つ女性や手ぶらで移動したい男性は邪魔になるかもしれません。

固定回線と比較して通信制限がある

先にも記載したように通信制限があります。

  • 3日間の合計通信料が10GBを超過すると制限モードになる
  • 制限モードの適用時間帯は18時頃~翌2時頃のみ。それ以外は制限されない
  • 制限後の通信速度は1Mbpsとする
  • 超高画質 約88回(約7時間)
  • 高画質  約166回(約13時間)
  • 標準画質 約570回(約47時間)
  • 低画質  約1000回(約83時間)

(引用元:UQコミュニケーションズ)

この表を見る限り、通信制限がかかることは一般のユーザーであればほとんどないように思います。

仮に通信制限がかかったとしても上限1Mbps程度であればネットサーフィン程度であればストレスなく行えます。

さらに翌日には制限が解除されるため、それほど憂慮すべき事項ではないと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • 光回線(5000円)→縛りなしWiFi(3300円)=月々1700円節約
  • キャリア(10000円)→OCNモバイルONE(1600円)=月々8400円節約

10,100円/月 節約

121,200円/年 節約

固定費を削減したいのであれば格安SIMに乗り換えるのも一つの手段です。

私は割と電話をかけるので、格安SIMで数少ない通話料定額サービスを提供しているOCNモバイルONEに乗り換えました。

OCNモバイルONEはパケット通信費110MB/日のプランが最安で972円で利用できます。

加えて基本プランを選ぶだけ。

900円+700円=1600円です。

あとはオプションを付けても2000円程度でしょう。

月額972円(税込)からのLTE「OCN モバイル ONE」

格安シムへの乗り換えについては下記自社サイトで解説しています。

カワムーラの格安シム乗り換えガイドセンター

通信費、節約しましょう。

格安SIMとWiMAX端末を組み合わせて持つメリットとは! カワムーラです。 最近ではCM効果もあってかY!mobileやUQ mobile等の格安SIMが一般的になってきました。 ...
ABOUT ME
カワムーラ!
カワムーラ!
ウェブサイト運営/HP制作管理で個人事業をしています。元バンドマン(@tone_niigata)で一児のパパ。見てくれる人がちょっと得するような情報を運営サイトを通して発信しています。 企業/個人問わずワードプレスHP制作管理やパソコン設定等承ります。詳細は下記リンクからどうぞ。

LINE@はじめました!

ブログ更新の度に配信します。良ければ登録よろしくお願いします^_^

友だち追加

グリーンエコーズスタジオ運営サイト

GreenEchoes Shop|アロマオイルとハーブの専門店

格安シム乗り換えガイドセンター|格安シムへの乗り換え解説コンテンツ

カワムーラの日々のツラツーラ|ブーツアウトドアITコンテンツ

 

知らないなんてもったいない!|節約情報コンテンツ