固定費削減

携帯料金比較!OCNモバイルONEとソフトバンクはどちらが安いか

f:id:hottyhottea:20180426014247j:plain

たくさんあって非常に迷う格安SIM選びです。

「通話料定額」の格安SIMはOCNモバイルONEのみだったので

迷わず乗り換えました。

以前使っていたソフトバンクとの比較を踏まえて

OCNモバイルONEの魅力をツラツーラと解説します。

通話料定額の格安SIMは現在1社のみ

f:id:hottyhottea:20180531003823j:plain

私が格安SIMに変える時に一番重要視したのは

「通話料が定額」

ということでした。

実はこの条件を満たす格安SIMはOCN モバイル ONEしかありません。

OCNはNTTコミュニケーションズが運営するMVNOです。

インターネットプロバイダの老舗ですね。

母体がNTTということもあり、ドコモ系のMVNOになります。

音声通話付きSIMカードは通話時間に制限があるものがほとんどで

「1回の通話が5分までであれば通話量はかからない」

言い換えると

「5分以上の通話に関しては一律20円/30秒が追加で加算される」

ということです。

IP電話系のアプリでは

  • 外出先での通話はパケット料がかかる
  • 外出先での長電話はパケット上限に達してしまう可能性が高い
  • 格安SIM特有の通信制限時間帯(後述)では使い物にならない
  • 通話品質が悪い

のでおすすめできません。

通話定額プランの中身

f:id:hottyhottea:20180531011037j:plain

◎「10分かけ放題プラン」

10分以内の国内通話が回数無制限で0円でご利用いただけます。

◎「トップ3かけ放題プラン」

その月の国内通話料上位3番号の通話料が0円になります。

引用:OCN モバイル ONE(公式ホームページ)

仕事で使う電話であれば別ですが、個人が使うのであれば

10分以上会話する相手というのは 気の合う友人/家族/恋人 ではないでしょうか。

恋人が3人以上いるというツワモノ(笑)はともかくとして

特定の相手に長電話をするというのであればこの3人という上限は適切だと思います。

10分を超えた4人目の通話料については

10円/30秒と他社の半額です(OCNでんわアプリを使用した場合)

これでオプション使用料が1300円です。安い!

ソフトバンク/OCNモバイルONEの料金比較

<比較条件>

契約プラン

  • パケット通信料:5-6GB/月
  • 通話料:定額コース

購入端末

  • iPhone 8 (256GB)¥94,320-
  • 分割購入(¥3,930-/24か月)

ソフトバンクの基本料金

通話定額基本料 ¥2,700-備考:24時間話し放題
ウェブ使用料 ¥300-
データプラン ¥5,000-備考:5GB/月
端末割賦 ¥1,120-※月月割適用で¥2,810-をキャリアが負担
月合計 ¥ 9,120

OCNモバイルONEの基本料金

通話定額基本料 ¥1,300-備考:かけ放題ダブルオプション加入
ウェブ使用料 ¥-備考:ウェブ使用料はなし
データプラン ¥1,450-備考:6GB/月
端末割賦 ¥3,930-
月合計 ¥7,380-

※分割想定はAppleにてSIMフリーモデルを想定

差額 ¥1,740-/月

2年間使用すると

ソフトバンク OCNモバイルONE差額
24か月累計 ¥218,880- ¥177,120- ¥ 47,160-

乗り換える際のキャリアから引き止め

キャリアからの乗り換えでは様々な制約が発生します。

  • 違約金の発生(更新月であれば無料、更新月以外は10000円程度かかる)
  • MNP転出手数料の発生(3140円)

※一括購入割引制度を使用している人は注意が必要です。

割賦端末代金を残して乗り換えても安い

ソフトバンクで契約、端末代金を分割で支払っている途中の12か月目で

OCNに乗り換えた場合のシミュレーションです。

24か月の累計料金を比較しています。

通話定額基本料 ¥2,700-備考:24時間話し放題
ウェブ使用料 ¥300-
データプラン ¥5,000-備考:5GB/月
端末割賦 ¥1,120-※月月割適用で¥2,810-をキャリアが負担
月合計 ¥9,120-① ※ソフトバンクの料金
12か月目で解約13か月目以降は
通話定額基本料 ¥1,300-かけ放題ダブル
ウェブ使用料 ¥-なし
データプラン ¥1,450-6GB/月
端末割賦 ¥3,930-ソフトバンクからの請求(残り12か月)
月合計 ¥7,380-
①×12+②×12 ¥198,000- ※13か月目から乗り換えた時の合算

ソフトバンクを継続して24か月使用した場合:¥218,880-

途中OCNモバイルONEに乗り換えた場合:¥198,000-

差額¥20,880-

違約金等 △¥13,000-(概算)

差額¥7,880-

違約金を加味して考えても

12か月目で乗り換えた方が得になることが分かりました。

知っておきたい格安SIMのデメリット

格安SIMには以下のデメリットがあります。

①窓口がある会社が少ないからアフターフォローは電話対応となる

②※通信が混む時間帯ではパケット通信速度が極端に低下する

※お昼の時間帯、夕ご飯の時間帯等

まとめ

いかがでしたでしょうか。

具体的な数字を挙げて考えても

やはりOCNモバイルONEはお得なようです。

MUSICカウントフリーも始まりさらにお得になりました。

気になった方は公式ホームページから詳細をのぞいてみてください♩

OCN モバイル ONE(公式ホームページ)

ABOUT ME
カワムーラ!
カワムーラ!
ウェブサイト運営/HP制作管理で個人事業をしています。元バンドマン(@tone_niigata)で一児のパパ。見てくれる人がちょっと得するような情報を運営サイトを通して発信しています。 企業/個人問わずワードプレスHP制作管理やパソコン設定等承ります。詳細は下記リンクからどうぞ。